生前整理とは?いますぐ始められることを具体的に紹介

生前整理とは?いますぐ始められることを具体的に紹介

「生前整理」という言葉を耳にしたことがありますでしょうか?

故人の遺品を整理することを「遺品整理」と呼ぶ一方、生きているうちに身の回りを整理することは「生前整理」と呼ばれています。

「生前整理」は、自分の死と向き合うことなので辛いと感じるかもしれません。
しかし、「残りの人生を前向きに考える機会」だと捉えれば、大きなメリットにもなり得ます。

では、さっそく「いますぐ始められる生前整理」を具体的に紹介していきたいと思います。

いますぐ始められる生前整理とは?

いますぐ始められる生前整理とは?

「いますぐ始められる生前整理」には以下のようなものがあります。

不用品の断捨離

断捨離には、「不用品を捨てる」という意味に加えて、「スッキリして人生を良い方向へ変える」という意味も含まれています。

特に長年暮らしてきた家には、想像以上に物があふれています。
何年も使用していない物や残された遺族が困ってしまうような物については処分や行先きを決めておくといいでしょう。

物をスッキリさせることでシンプルに人生を見直すことができるかもしれません。
また、元気に動けるうちに身の回りの不要なものを片付けておけば、残された家族の負担を減らすことができます。

終活で断捨離が必要な理由とは?
終活で断捨離が必要な理由とは?人生に終わりが見えてきたとき、まず断捨離から始める人が増えています。 では、終活における断捨離について見ていきましょう。 終活で断捨...

財産目録を作成

財産目録の作成はかなり重要です。

なぜなら残された遺族が財産分与する際、「故人の財産がどれだけあるか分からない」といったケースは珍しくないからです。

また、故人の財産を把握するためには財産調査が必要になりますが、その手続きはとても大変な作業です。
そういった遺族の負担を少しでも減らすために、ひと目で分かる財産目録を作っておくことをおすすめいたします。

遺言書の作成

遺族の争いを避ける目的や自分の意志や意向を伝える目的で遺言書を作成しておくと安心です。
ただし、遺言書の作成には注意点があります。

・遺言書は効力のあるものを作成すること

正式な遺言書は規定に沿って作成する必要があります。
好き勝手に書いてしまうと無効になってしまうこともありますので、効力のある公正証書遺言を作成するようにしましょう。

分からないときは、弁護士や行政書士に相談してみるものよい方法です。

まとめ

かつて「終活」という言葉が流行語になりました。

「生前整理」や「終活」という言葉をよく耳にするようになった背景には「自分が他界した後、家族に負担をかけたくない」と考える人が増えたことが挙げられます。

しかし、残された家族への負担を減らすことだけでなく、生活をシンプルにすることで自分の人生を見つめなおすという良い機会になることでしょう。

生前整理はしておくべき? メリットについて解説
生前整理はしておくべき? メリットについて解説「生前整理」とは、本人が生きているうちに不要な物を処分したり、資産や持ち物を仕分け、整理しておくことです。 では、「生前整理」のポ...

墓石の制作・終活の相談なら

有限会社 鳳凰石材

最近では生前にお墓を決める方も増えています
熊本県熊本市近郊で墓石の制作を依頼できる業者をお探しなら、「有限会社 鳳凰石材」がおすすめです。

記念碑の作成なども行っている会社なので、細かい作業が必要でも気軽に相談することができます。

家族に負担をかけたくない、自分の気に入ったお墓を作りたい、という方は一度問い合わせてみてくださいね。

【詳細】

店舗名:有限会社 鳳凰石材

住所:熊本県熊本市東区戸島町407-4

電話番号:0120-62-7733

営業時間:午前8時~午後6時

URL:https://houousekizai.jp/

最寄駅:三里木駅